独学で社労士試験受けてみて落ちたり受かったり

半分野良ネコみたいな社労士が独学受験のあれこれやよもやま話をしたりするブログです。

受験体験記(外伝)

体験記外伝その6「試験中の記憶がない」

ちょっと言いすぎですね。試験直後にもかかわらず、どんな問題が出たか、選択はまだぼんやり覚えてましたが、択一は覚えてない問題が多かったです。これは疲労で脳が煮えていたこともありますが、もう一つ思い当たる原因があります。 リベンジの年は途中退席…

体験記外伝その5「1度落ちて良かったと思うこと」

縁起でもないこと言うな、そんなことは合格できたから言えるんだ、と言われるかもしれません。でもあえて書くからにはそれなりの思いがあります。 すでに体験記本編で書いたように、1度落ちて2度目で受かりました。落ちた年は選択労一1点足らずの科目足切り…

体験記外伝その4「酒は受験に影響するか?人体実験編」

飲酒は社労士勉強におけるインプット・アウトプット能力に影響するのか。これは身をもって実証実験した結果(被験者1名)のレポートです。 <被験者の前提> ・少なくとも過去数年は「休肝日は年に1度あるかないか」。 ・勉強中は飲まない。 ・勉強後飲酒をして…

体験記外伝その3「2年連続で同じ銘柄のテキストを使ったわけ」

同じテキストと言っても昨年の使いまわしではなく、当然新年度の最新版を買っています。同じ出版社の同じ銘柄のテキストを使いました。今回はその理由です。体験記本編でも少し触れましたが、今回はそれを詳しく話していきます。 使ったテキストは2年連続こ…

体験記外伝その2「受験宣言のメリットデメリット」

周囲の人に「社労士受けます、合格して見せます、勉強します」と宣言することはけっこう勉強へのモチベーションになると言うか、ちょっとした強迫観念が生まれます。言ったからには頑張らないと、と思えるだけならまだいいのでしょうが、 「お前この前の日曜…

体験記外伝その1「二度と受験したくない」

もともと勉強は好きでも嫌いでもありませんが知識を得ることは好きで、本を読むことも好きです。資格もマニアではないですがその気になればそれなりに勉強を続けます。簡単な資格ならいくつか取りましたし、同時期に同じ濃度で勉強したFP2級をもう一度やれと…