独学で社労士試験受けてみて落ちたり受かったり

半分野良ネコみたいな社労士が独学受験のあれこれやよもやま話をしたりするブログです。

試験に向けた準備(12)「昼飯はあらかじめ用意すべし」

 当日、昼食は試験会場内で食べることができます。ただし試験時間内に小腹がすいたからと言って何か食べることはできません。

 

緊張が続く中の昼休み、何を食べましょうか。会場近くにラーメン屋があるかな?ああコンビニがある、ここで何か手軽なものを食べよう。そう思うあなたは、地獄を見ます。

 

同じことを思う人はたくさんいます。近くのコンビニなんか大混雑大行列必至です。メシ買うのに30分かかってたら貴重な時間がムダになります。メシはあらかじめ用意しておいて、会場で食べるのが正しいでしょう。

 

では何を用意するか。私お料理が得意なので自分で作ったお弁当を…は、夏の暑い盛りの試験です。冷蔵庫なんかあるはずもありません。ふだん何もなくても、万一のリスクすら避けたいこの本番に食中毒のリスクを取るのはいかがなものでしょう。

 

じゃあ栄養ゼリーはどうか。腐らないし手軽だし栄養満点…でもすぐ消化されておなかすきそうです。

 

ということで、用意するなら「密閉型」「まず腐らない」「栄養が取れる」でしょうか。午後の択一は長丁場ですので腹持ちも考えてもいいかもしれません。

 

私は初挑戦の時はコンビニの大行列に巻き込まれました。リベンジの年は「ともかく糖分」とアンパン2コとコーヒー。消費期限はよく確認しましたが、これもいいのか悪いのか。

 

今にして思えば、こんなのがよかった気がします。 

普段非常食の備蓄にしておいてもいいわけですしね。冷めてもおいしいかお口に合うかは事前に実験しといたほうがいいでしょう。普通に食べてもいいですが、模試受ける人は模試で試せばいいです。

 

ただし空き缶はお持ち帰るように

 

カ□リーメイト(固形)食べてる人もいましたが、ちょっと味気ないかも。効率優先ではありますけどね。