独学で社労士試験受けてみて落ちたり受かったり

半分野良ネコみたいな社労士が独学受験のあれこれやよもやま話をしたりするブログです。

ヒマなら受けろ大学生

 何だか社会人の受験生が多い気がするこの試験です。受験資格の要件が大学・専門卒だったり実務経験だったり実務系資格だったりするのでどうしても「おっさんナイスミドル」のイメージがつきまとうのですけど、実は若い人でも受けられます

 

その典型は特に受験資格のない行政書士気象予報士等を経由してくるケースなんですが、「現役大学生も受験できる」ことは意外と知られていません。

 

かといって、じゃあ大学入学してすぐ受験ができるかというとそういうわけではないです。要件は簡単に言ってしまうと

 

「大学等(短期大学除く)において卒業要件単位62単位以上取得した者」(もう1通り要件がありますが割愛)

 

です。たぶんマジメに単位取ってる新3年生が該当してくると思います。学部や専攻、またアルバイトなどによって忙しさは違うと思いますが、就職活動の際に履歴書に堂々と書ける資格ですのでヒマなら挑戦してみてはどうでしょうか。

 

たぶん、勉強はお手の物の世代だと思いますし、それなりな受験競争も経験しておりそれほど時間も経っていないのでコツはすぐつかめると思います。

 

まあ、私が学生の時も講義中に簿記とか行政書士とか資格勉強していた人もいましたし(意外なことに私は真面目に講義受ける学生でしたよ)、受ける人は受けるんでしょうけどね。就職後、営業だの販売だのの職種に回されたくないまたは長居したくない人は社労士うってつけです。

 

ただし間違っても就職面接で「御社の人事労務がやりたいです」などと自ら注文をつけるようなことは言ってはなりません。それを決めるのは会社です。