独学で社労士試験受けてみて落ちたり受かったり

半分野良ネコみたいな社労士が独学受験のあれこれやよもやま話をしたりするブログです。

体験記外伝その8「実際に試験会場で見た人」

 私が2度にわたり受けた本試験で実際に見た「ちょっと気になる人」をご紹介します。受験会場には何百人も人が集まるのでいろんな人がいるのは仕方のないことです。特に初挑戦の方は「こんな人がいても気にしない」ようにお願いいたします。

 

・どう見ても後期高齢者な人。

まあ、毎年最高齢合格者は70代ですからいいんですけどね。老後の趣味としてはすごいなと。もしかしたら開業するのかもしれません。

 

択一試験で泣き始めた人。

よほどのことがあったのでしょう。気持ちは分からなくもないです。泣き叫んでいたら退場だったかもしれません。

 

・昼休みに電話で宅配ピザか何かを注文していた人。

合理的なのか何なのか分かりませんが、間に合ったんでしょうか。

 

・呼吸音がベイダー卿な人。

小さい音ですが「シュコー パー シュコー パー」みたいな感じでした。夏風邪なのか暗黒面に堕ちていたかは、私は最前列なので振り返りようもなく。

 

・スーツにネクタイで受験に来てた人。

いや、別にいいんですけど試験監督官かと思いましたよ。背広のほうが落ち着くという人もいるのかもしれませんが、暑くないのかな。ちなみに面接試験はありません。

 

・かなりのミニスカートで受験に来てた人。

いや別にいいんですけど。エアコン直下なら寒いですよ。

 

・古文書のようなテキストを読んでいた人。

ボロボロでした。よほど読み込んだのか、それとも何年も使い続けているのかは分かりませんが、それにしても…。

 

・昼休みにスマホでゲームしていた人。

すごい余裕です。たぶん「ククク、こんな試験簡単すぎてあくびがでるわ」なレベルの方なのでしょう。

 

・路上喫煙者。

やめましょう。

 

・会場の看板をスマホで撮っていた人。

けっこういました。SNSに出すのか、ちゃんと試験受けに来たという証拠として撮影していたのかは分かりません。

 

・3秒だけバイブ音を鳴らしてしまった人。

あと10秒鳴っていたら特定されて退場だったかもしれませんね。電源の正しい切り方はきちんと覚えておきましょう。

 

いかがでしたか、と言うより別に他人さまを気にするような試験ではないんですが、いろんな人がいます。特に気にすることなく自分のことだけに集中しましょう。