独学で社労士試験受けてみて落ちたり受かったり

半分野良ネコみたいな社労士が独学受験のあれこれや日々のよもやま話をしたりするブログです。

残り2ヶ月、ここから何をすればいい!?

あくまで今年度の試験に申し込みをしているという前提でのお話です。

 

試験まで残り2ヶ月、月日の経つのは早いものですのであっという間に時間は過ぎていきます。「あと2ヶ月ある」ではなく「もう2ヶ月しかない」いやいや「実質2ヶ月もない」ととらえるべきでしょう。毎日勉強ができる保証はどこにもありません。

 

では残り2ヶ月で何をするべきか。模試や問題集を使ってアウトプット練習も必要ですが、個人的には時々でいいと思います。はっきり言って直前期ですし、勉強のための材料はすでに手元に全て整っています。今はともかく知識を徹底的に頭に叩き込むべきでしょう。

 

効率を求めるなら、すでに十分理解が足りているところは省いて理解が足りないところを頭に入れていく、という考え方もあるかもしれません。ただ私は「そういうところこそ足をすくわる」と考えます。全てをまんべんなく、より一層密度を上げながら頭に入れていきます。

 

数か月勉強してきているのであればテキストを読むスピードは勉強初期とは比にならないくらい早くなっているはずです。頭に入っている部分の上書きもしつつ、不十分なところのインプットをしていく。分かっている「つもり」が一番怖いです

 

ここで肝になるのはやはり「疑問を差し挟まない」ことです。詳しくなればなるほど「うちの会社では」とか「こんな場合には」と考えがちです。そんなことは合格後ゆっくり考えればいいですし、最近試験には「事例形式」が出てきますが、その事例が出てから考えればいい話です。

 

そしてもう一つ。勉強時間の確保により一層取り組むことです。省けるところは省く、まとめるものはまとめる、協力してもらえるところは協力してもらう。独善的にならない程度に、しかし最大限の勉強時間を確保していきましょう。

 

何度も言うようですが、8月に追い込みができるとは思わないことです。と言うことは、7月末までが勝負と言えるでしょう。

 

さらにネジを巻いて頑張りましょう。