独学で社労士試験受けてみて落ちたり受かったり

半分野良ネコみたいな社労士が独学受験のあれこれやよもやま話をしたりするブログです。

早くも今年半分終わりました。

どうしても年度で考えてしまうのでそんな気がしないのですが、2021年も半分が終わろうとしています。時の過ぎるのは早いものですね。あっという間でした。

 

特に日々何かに取り組んでいたり何かに追われていたらなおのことでしょう。受験生の皆さんがいつから勉強を始めたかは人それぞれでしょうが、今年もまたセミが鳴く季節がもうすぐそこまで来ています。地域によってはニイニイゼミあたりの第一声を聞いているかもしれません。

 

そう考えると、試験日もあっという間に来ます。まだ半年ある、まだ3ヶ月ある、まだ2ヶ月あるという考えも少しずつぶち壊されていきます

 

時間は待ってくれませんので、できるところで勉強しないともはや後で挽回しようと思っても不可能になってきます。何か人生のトラブルがあって勉強進まなくなることもありますし、ずいぶん前に言いましたが特に8月は「魔の8月」と化します。

 

万全の試験勉強というものははっきり言ってできません。どこまでいっても未完成です。ですが自分が使いうる時間を全て使い切り、自分なりに全力を傾けることができたかどうかで、試験日当日の気持ちもまた違ってくるでしょう。

 

そしてそれはきっと結果に表れると思います。

 

あっと言う間に試験日が来ます。そして、先に言っておきますが合格発表日はなかなかやってきません。気持ちの違いですかね。こちらはただ待つだけですからね。

 

あと2ヶ月ある、もう2ヶ月しかない、たったの2ヶ月か、いろいろ考え方はあると思いますが、時間は一方通行です。試験が終わった時に「やりきった感」を感じられるように、そして良い結果がついてくるように、蒸し暑いですが頑張っていきましょう。