独学で社労士試験受けてみて落ちたり受かったり

半分野良ネコみたいな社労士が独学受験のあれこれや日々のよもやま話をしたりするブログです。

やっぱり合格祈願はしたいもの

指紋がなくなるくらい手を擦り合わせて祈っても合否が変わるわけではないですが、そうはいっても願いたいというのは人のサガというものでしょうか。またそうすることによって気持ちのソワソワ感が和らぐという効果もありますので今回はそんなお話。

 

人によって信教の自由がありますので、何かしらの宗教宗派にどっぷり属している人はそちらの作法に従ってください。

 

そうではない、まあ初詣もすれば葬式で坊さんの後頭部を拝み、盆を気にしたり彼岸に墓参りに行きながらハロウィンやクリスマスを祝うという「典型的日本人」の皆様におかれましては、まず「合格祈願」のお参りあたりでしょうか。

 

少し検索すれば合格祈願向けの神社仏閣はいろいろ出てきますが、有名どころで言うと菅原道真を祭っている神社が出てくると思います。大宰府まで行かなくても全国各地にあります。

 

宗教でないところでいえば(厳密にいえば宗教みたいなもんですが)家の掃除をして何となく気持ちを晴らしてみましょう。トイレとかピッカピカにするといいみたいですよ。

 

風水とかあまり詳しくもないのですが、自分の誕生石でも持ってるといいかもしれません。ただしあまり高いのとか「怪しいの」はお勧めしません。あくまで自分の気持ちが落ち着けばいいのですから鉱物見本でいいくらいです。

 

とどめはやはり、これでしょう。

選挙でも何でもやはり満願成就の際に「目を入れる」。ちょっと仏教入っているかもしれませんが、一つやってみたいことですよね。

 

人それぞれの願い方があるかもしれませんが、あくまで「これをやったから合格する」とか「やっても落ちたぞどうなってんだ」とかいう話ではなく、そわそわする気持ちを落ち着けて合格発表を待つ「きっかけ」と考えてみてください。

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村