独学で社労士試験受けてみて落ちたり受かったり

半分野良ネコみたいな社労士が独学受験のあれこれやよもやま話をしたりするブログです。

健康診断を受けてきました。

労働安全衛生法第66条及び労働安全衛生規則44条に基づき、健康診断に行ってきました。

 

例年、喫煙者なのでどうしても肺レントゲンが一番ドキドキしてしまいますが毎年特に何もなく、他の血中数値も完全体、というわけではないのですが特にどうこうしろというレベルでもなく(飲酒家なので肝臓数値は高い)、まあDrに「節制しろこのやろう」と言われるのが毎年の光景でした。

 

ところが昨年の検査で便潜血が出て大腸内視鏡検査」をしろと言われた時は顔がひきつりました。検査方法自体がちょっとアレなものですし、いやまてこれ何か見つかったらどうしようと。

 

そして検査自体も朝一から「まずいスポーツ飲料」のような下剤を1リットル以上飲まされるし、もう腸の中に何も残ってないですからとナースに訴えても「せっかく作ってきたから」と「下剤のおかわり」が出てくるし、田舎のスナックのママかお前は!

 

結局ガンもポリープもなく軽度の炎症(難病性でもない)が少しあるとのことで服薬も通院も必要なしで胸をなでおろしました。

 

そんなこんなもあって今年はひさしぶりに胃カメラを飲みました。今まで胃の検査はバリウムでしたが、去年大腸のことがあったのでいいかげん直で見てもらおうと覚悟を決めて。

 

結論。経鼻カメラだと驚くほど楽です。以前胃痛があってカメラ飲んだ時は「旧共産圏のスパイの拷問」レベルの体験をしたのでトラウマがあり(だからずっとバリウム)ビクビクしてましたが、吐き気もそれほどなく。

 

で、結果は軽度の胃炎がいました(ピロリはいなかった)。軽度なので特に服薬も治療も必要なく、様子見でいいでしょう、と。先の大腸炎もそうですが、原因はなあに?とDrに聞いたら「ストレスや暴飲暴食」だそうです。

 

Drには申し訳ないですが、それ取り去るには10億くらいの現金が必要です。

 

まあ自己保健義務がありますので体に気を付けつつストレス発散の暴飲暴食は続くかもしれません。消化管炎症より変に節制して不眠・メンタル不調になるほうがたぶんやばい

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村