独学で社労士試験受けてみて落ちたり受かったり

半分野良ネコみたいな社労士が独学受験のあれこれや日々のよもやま話をしたりするブログです。

再試験も追試験もない社労士試験

センター試験、とはもう言わないんでしたね。大学入学共通テストでしたか。先日行われたというニュースを見ました。で、ご丁寧に新聞に試験問題が載っているんですがあまりやる気は起こりません。数学の問題とか見ていて「何だこの暗号は」くらいでした。

 

例年それなりに得意な国語くらいは解いてみたりしていたんですけどね。今年は疲れがたまっていますので回避。ちなみに私は数学と英語が大嫌いです。

 

それはさておき、共通テストではコロナ禍ということもありいろいろ配慮がなされているようです。濃厚接触者でも条件付きで別室受験可とか、当日体調が悪い場合は後日の追試験受験可とか。まあこれは今に始まったことではないのですが、人生左右する試験だからか救済措置があったりします(もっとも追試験のほうが難しいという現実もありますが)。

 

翻って社労士試験にはそんなものはありません。試験日にどれほど豪快に体調を崩そうが家族の不幸があろうが自宅が火事になろうが津波で避難してようが「そうかでは追試験を」などという制度はありません。すべて一発勝負、受けられないとまた来年と言われるだけです。

 

試験中でも同じです。何があろうが試験は成立します。前例はないのですが、猟銃持った立てこもり犯が試験会場突入してきて籠城した挙句試験問題解き損ねたとしても、救済措置はないでしょう。

 

もっともそれは極端な例ですが、資格試験の大半は救済措置がないです(悪天候の試験開始時間延長くらいはあるかもしれませんが)。全てのリスクに備えることは不可能ですが、少々の体調不良くらいなら試験に臨んで合格点を取れるレベルを目指しておいたほうが良さそうです(もっともご時世として今年も発熱してたら試験受けられないでしょうが)。

 

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村