独学で社労士試験受けてみて落ちたり受かったり

半分野良ネコみたいな社労士が独学受験のあれこれや日々のよもやま話をしたりするブログです。

独学勉強法(81)「毎日勉強することは難しいこと」

種類問わず資格試験の勉強方法について問われた時、必ず「とにかく毎日勉強すること」と答えています。当たり前のことじゃねえかと思う人も多いと思いますが、これが意外と難しいんです。

 

あー今日は疲れたなー残業だったしなーだるいなーという日もあります。飲みに連れていかれることもあるでしょう。熱が出たり体調崩すこともあります。家族のイベントがある人もいるでしょう。どうでしょう。毎日勉強できますか?

 

今日はいいや。明日その分取り返せば」という思いにかられることが多いです。

 

それを振り払っての「毎日勉強すること」なわけで、そう考えると当たり前と思っていても現実なかなか難しいと思います。

 

でも、それでも毎日勉強し続けることこそが泥臭くても合格への道だと思いますし、王道だとも思っています。勉強法に王道はありませんが、勉強する姿勢に王道はあると思います。

 

1日くらい勉強しなくてもいいや、は、2日くらい、3日くらいいいや。別の日に取り戻せばいいやという考えになります。実際取り戻せませんし、継続的な努力のクセをつけないと勉強は進みません

 

そのためには何かアクシデントがあってもどうやれば毎日勉強できる時間を確保できるのか、どうやればアクシデントを減らせるかを考えることが必要になってきます。

 

ここでおすすめできないのはただ1つ。睡眠時間を極端に削ることです。これをやると脳の記憶定着に影響も出てきますし何より日中眠気がきて仕事や何やに集中できません。当然勉強にも集中できなくなります。睡眠はゆっくりとるようにしましょう。

 

生活リズムの中に勉強を取り入れる。難しいことではありますしはっきり言って労働一般常識よりも難しいと思います。ですが、これがスムーズにできるか。サボるかは合格不合格の分水嶺と思ってもいいかもしれません。

 

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村