独学で社労士試験受けてみて落ちたり受かったり

半分野良ネコみたいな社労士が独学受験のあれこれや日々のよもやま話をしたりするブログです。

夢見る「社労士コミック」

「マンガで分かる社労士勉強」の類の話ではありません。社労士が主人公のマンガってあるの?というお話です。

 

以前社労士小説の話をしました。社労士が主人公の小説ってすごい少ないですが、無くはないです。ただやはり弁護士を主人公とした小説よりも数ははるかに少ないです。

 

ではマンガはどうか。はっきり言って、無いです。私も「そんなものがあるんだろうか」と調べましたが、市販ではゼロです。そして案の定、弁護士モノコミックはやはり大量に存在します

 

社労士は題材にしにくいのでしょうか。小説の時も話をしましたが、いまいち盛り上がりに欠けるのか。意外と身近な題材な気がしますけどね。

 

ちなみに、全国でマンガの心得のある人って数十万人は軽くいるそうです。社労士が4万人以上いますので、一人か二人くらい絵心やマンガの心得がある人がいてもいいと思うんですが、どうなんでしょう。

 

そうでなくても別に「原作」や「監修」すればいいわけですから社労士コミックの1つや2つあってもいい気がしますが、残念ながら存在しません(存在したらごめんなさい)

 

もっともこれは「市販本」のお話で、無料公開されている社労士マンガは存在します。連合会公認の「ナナイロニヒカル」というマンガです。連合会ホームページから読むことができます。

 

個人的にはミナミの帝王」のノリのようなコミックを希望しますが。「審査請求という手がありまっせえええ」みたいな。

 

それはさておき、心得のある方はWEBコミックでもいいので挑戦してみてもいいかもしれません。今や別に出版社通して編集者にボツ食らいながら徹夜でマンガ描く時代ではありませんし。ただし受験生の方は勉強に集中してください

 

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村