独学で社労士試験受けてみて落ちたり受かったり

半分野良ネコみたいな社労士が独学受験のあれこれや日々のよもやま話をしたりするブログです。

年末調整の悲哀

勤め人ならそろそろではないでしょうか。そう、年末調整の書類提出の時期です。扶養状況や保険料等の金額を書いて総務担当に提出し、所得税の還付をもらう(人によっては追加で支払う)時期です。

 

私にとっては憂鬱な時期でもあります。別に私自身の年末調整で憂鬱になることはありません。何年もサラリーマンやっていると書き方なんか分かってきますし、迷っても書類の裏面見れば解説が書いてあります。

 

なのに私に書き方を聞く人の多いこと多いこと。それが憂鬱の種です。

 

曰く

扶養ってどこまで入れていいの

この保険料は書いていいの

ここ何書けばいいの

書き方教えて

 

…総務に聞け!なぜ私に聞く!

 

どうも私がFP持ちで下手に詳しいからだそうですが、不思議なことにこれがここ何年も秋の風物詩であるかのように繰り返されています。去年も記事に書いた気すらします。

 

もっとも学校を出て今年初めて年末調整する若い社員なら仕方ありません。そりゃ分からないでしょう(それでも「総務に聞け」なんですが)。ただもう何年も勤め人やりながら毎年年末調整している連中ですら聞いてくる、というのは一体何なのでしょう。よく分かりません。

 

私も仕事で忙しいですし、忙しいですから自分の年末調整書類もそろそろ配布するかなといった頃から保険料の調書構えて、よーいドンで書いてぱっぱと提出しているわけです。

 

解説見ればわかるし扶養が分からなければFP勉強しろよ役に立つぞ、と言いたくなる(というか言ってる)のですが、この時期の余計な仕事の一つになっています。

 

総務も「俺んところへ来い!」と言ってくれたらいいんですが、素知らぬ顔ですし。毎年の悩みの種です。

 

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村