半分野良猫な社労士の憂鬱

半分野良ネコみたいな企業勤務社労士の資格取得体験や日々のよもやま話をしたりするブログです。

「ありがとう」がうれしくない

誰でも「ありがとう」と言われるとうれしいと思います。感謝されてうれしくない人なんているのでしょうか。

 

います。私です

 

いろんな場面で「ありがとう」と言われます。仕事仲間や上司や先様などなど。お役に立てている時に言われます。ただ、気持ちとしては「いえ、別にそこまで」です。

 

謙遜でも何でもありません。私は仕事としてやっただけであり、仕事ということは面倒ごとであり、面倒ごとということはモチベーションはないわけです。それを自分のエンジン強引にぶん回してやっただけのことですから。

 

だから結果として「ありがとう」と言われても「はあ」なわけです

 

たぶんここまで読んで「どんな精神回路してんだ」と思う人の方が多い気がします。私も書いててそう思います。何考えてんだろう私。

 

ただ、そんなもんです。それが次の仕事への活力にもならなければやる気にもつながりません。終わったこと、それだけです。それがどんなに感謝され上首尾であったとしても。

 

その反対の結果の場合、つまり失策に終わって怒られた時は反応があります。モチベーションがだだ下がりするわけですね。ここまでいろいろやって失敗かよ、怒られるのかよって。

 

本来そちらが「はあ、別に」と思えるようになれば少しはストレスが違うと思うのですが。

 

ともあれ、ありがとうの言葉とともに「現金」でもくれたら「ごっつぁんです」と喜んでもらうと思いますけどね。

 

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村