半分野良猫な社労士の憂鬱

半分野良ネコみたいな企業勤務社労士の資格取得体験や日々のよもやま話をしたりするブログです。

意見があるなら先に言え

「半野良さん、この件ですけどかくかくしかじかでこうなってますが、どうしたらいいでしょうか」と聞かれることがあります。

 

こういう時まず考えるのが「なぜ私に聞く。上がいるだろ上が」ですが、まあそうも言わず、「だったらこれこれこうしたらいいかもしれないね」と答えます。

 

この時に、人にもよりますが「いやでも私はこうしたらいいと思うんです」と答える人がいます。この返答がいまいち理解できません。なぜか。自分の思うところがあるならまず先にそれを言うべきだと思うわけです。

 

つまり「この件ですけどかくかくしかじかでこうなってて、こうしようと思うんですがどうでしょうか」という聞き方ですね。それだと「ああ、この人はそう判断しているんだ」という材料にもなるし、その適否について一緒に考えることができます。

 

それがないと、人に考えさせておいて挙句否定かよ、という気持ちになります。口には出しませんけどね。

 

さらに「うん、そういう方法もあるね。それでもいいよ」と答えると(この時点で半ば面倒くさくなっている)、「いやでもこれでいいんでしょうか」と答えてくる。もはや私に何を期待しているのかよく分からなくなってきます

 

これ堂々巡りになるだけですので「上のアドバイスももらってみたら」で終わらせることが多いです。

 

ただ議論したいだけならそんなヒマはないのでお断りですし、ある程度結論持ってるのであれば先に言ってくれた方が話が早くて助かるのですが。

 

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村