半分野良猫な社労士の憂鬱

半分野良ネコみたいな企業勤務社労士の資格取得体験や日々のよもやま話をしたりするブログです。

パンドラの箱のような求人

退職者が相次いでいる中人員補充の求人を出しているようですが、なかなかこれという人が現れないようで、まるで歯抜けのようになった職場のデスクがその有様を物語っています。

 

もともと地元の賃金相場からしてもお世辞にも高いとは言えない待遇での募集なのに、それに輪をかけて求職者が少ないのはおそらく「何をしたらいいのか分からない」内容だからでしょう。

 

普通求人と言ったら仕事内容は明記されているはずです。何をさせたい人材を集めるのか示すのが当たり前というものです。ところが、今回のわが社の求人は、詳しくは省きますが「経歴や適性によって決める」という、ものすごくあいまいな表現なわけです。

 

何か怖いですよね。何やったらいいか分かんない仕事。就職してもどこに配属されるか分かんない仕事。もちろんいろんな経歴や技能、資格の人がいるので適材適所で配置したいという気持ちは分かりますが、それにしても…

 

さらにこういう人材登用をやると、小所帯なわけですからヘタをしたらまたプチ人事異動が発生しかねません。今年はいったい何人の人が(私を含む)仕事の分担で振り回されているのでしょうか。

 

それはそれとして、人員補充はやってもらわないと困ります。今のところうちの部署が人が少ないのですから

 

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村