独学で社労士試験受けてみて落ちたり受かったり

半分野良ネコみたいな社労士が独学受験のあれこれやよもやま話をしたりするブログです。

本試験の心得(39)「本試験直前にとってはいけない行動」

本試験の前夜~直前にかけて「することをお勧めしない行動」をお話します。

 

まず「深夜まで最後の追い込み勉強をすること」です。あせる気持ちは分かりますが、普段通りに寝てゆっくり睡眠を取ることのほうが大切です。そして、前日は眠れなくなることのほうが多いですから、前々日から少し睡眠不足になっておいて、朝はお日様浴びて体内時計を戻しておくと寝つきが良いです。

 

朝起きた後ですが、早めに起きて勉強をすることは構いません。ただ朝食は抜かないように。頭に栄養が回りません。何でもいいですから(できればしっかり)腹に入れておくことです。

 

朝は時間ギリギリまで勉強したくなるものですが、試験会場に行くまで何が起こるか分かりません。開場30分前(着席時間1時間前)には現地入りできるように準備して出かけましょう。

 

会場に着いたらまだ開門されていない場合があります。その時は日陰で涼しくしながら勉強していましょう。理由は2つ。熱中症対策「体温測定対策」です。

 

たくさんテキストを持って行く行為は勧めません。重たいだけです。肝心かなめの1冊にしておきましょう。

 

そして忘れ物をしないように。持って行くものの中には「昼食」が必須です。昼になってどこかに買いに行くなんて無謀です。コンビニや店は大混雑します。昼の択一に向けてタイムロスになりますので昼飯の準備は怠りなく

 

その昼飯ですが、常温で痛む可能性のものはやめましょう。腹でも壊したら一大事です。どういう方法があるかは以下の記事で書いています。

 

そして最後にですが、試験前スマホの使用は必要超最小限にしましょう。

 

何かとばたばたする本試験直前ですが、できるだけ準備万端で臨めるようにしましょう。