独学で社労士試験受けてみて落ちたり受かったり

半分野良ネコみたいな社労士が独学受験のあれこれや日々のよもやま話をしたりするブログです。

日々雑感

ハラスメント研修で目を開けて寝る

2022年4月からハラスメント指針に拠る職場での対策が義務化されたのを受けてなんでしょうが、先日全社員対象の研修会がありました。わざわざ外部講師を呼んでの研修です。 で、当然半野良は「目を開けて寝てました」。なぜか。けっしてコケにしているわけで…

マニュアル主義の敗北

以前何かの折に話をしたことがありますが、私自身の仕事の大半はすでに私の手によってマニュアルが作成されています。マニュアルだけでできる仕事ではないのですが、最低限の方針と知識、方法論を載せています。どちらかというと引き継ぎ書に近いかもしれま…

寒いので勉強できません

現役社労士受験生が聞いたら鼻で笑うと思いますが、それほど勉強に追い立てられていない私としてはこんなもんです。 もともとタバコ吸いながら読書する上に屋内では絶対に吸わないので自然と「外で」本を読んだりするわけですが、最近の寒さではこれもかない…

人の居ぬ間に厄介ごとを作る人

ちょっと用事があったもので必死こいて仕事調整して有給休暇取った、次の日のことです。 出勤するとスケジュールに「見知らぬ会議」が入っています。参加メンバーに上司の名前もあります。これはいったい何だろう、ということで上司に聞くと、私が取り組んで…

目指せ衛生工学衛生管理者

衛生工学衛生管理者って何かご存知でしょうか。 第一種衛生管理者が必要な有害業務のある事業場の中で、500人超かつ「坑内」「高熱物体取扱・暑熱」「放射線」「塵埃・粉末」「異常気圧下」「有毒ガス」に30人以上従事している事業場では「衛生工学衛生管理…

リスキリングになってない

最近よく聞く言葉になってきました「リスキリング」。1年くらい前だと「何それどこの国のお菓子?」みたいな話になっていたでしょうけど、最近あちこちでよく聞きます。 改めて何か説明しますと「新しい職業に就くために、あるいは、今の職業で必要とされる…

1月は行き、2月は逃げ、3月は去る

ほんのこの前年末年始だったような気がするんですが、もう1月も終わりです。今年の1/12がはや終わってしまうわけです。社労士試験を受験する人にとっては残り7か月なわけですね。 まだ半年以上ある余裕余裕と思っていると、あっという間に過ぎ去ってしまうこ…

盾突く意思とそれを許す意思

ふと思い出したお話です。 私がまだ学生であった頃、文系でありましたので卒業論文というものがあります。私自身はそつのないテーマで取り組んだのですが、同じゼミにいた友人はこともあろうに「担当教授の主義主張に真っ向から挑戦する論文」に挑んだわけで…

たまに求人情報を見る

別に転職を意図してのことではありません。もちろん好条件で私の才能をいかんなく発揮できる面白い仕事があれば転職もやぶさかではないのですが、そもそも私の才能って何?でもあります。 ちなみに社労士は私にとってそれほど天分を伸ばせるジャンルとは思っ…

勢いで社労士開業登録してしまう人たち

社労士試験に合格しました→実務経験2年ありますor事務指定講習終了しました→即開業、という「勢いで開業してしまう社労士先生」が存在します。 割と慎重な私としてはまず「えーと開業資金は…と言うか当座食う金もいるし…仕事辞めて収入無くなって…どうやって…

半野良の家、貸家と間違われる

半野良は古民家を持っていて、将来開業することがあったら事務所にしようと気候のいい時は修繕したり、庭で家庭菜園とかしています。リフォームもまずまず整ってきて、あとは事務スペースにフローリング貼りをしようかでも今材木がウクライナ問題で高いしな…

社労士の知識を悪用してはいけません

モノを知っているといろいろ見えてくることもあります。また知っているだけでも価値はあります。それが人の役に立てばいい、むしろ立てるべきなのですが、やりようによっては悪用もできます。 例えば、入社したての同僚だと給与水準は同じくらいですが、しば…

半野良は社内下請け業者

社内の仕事の下請け業者みたいになっている半野良です。ここ最近そんな案件が多いです。 みんなそれぞれ職掌分担に従い仕事を受け持ち、与えられた仕事をこなしているはずなのですが、知らぬ間に私が他の誰かの仕事に「巻き込まれている」ことがあります。 …

半野良は余白恐怖症

世の中いろんな恐怖症があると思いますが、私の場合これです。一体何かと言いますと、メモでもスケジュールでも何でもそうなんですが、余白があるのが嫌いです。嫌いと言うかやや強迫観念じみているところもありますので、恐怖症の部類に入ると思います。 学…

だからなぜ私に聞くのか

例によって詳しくは話せませんが、仕事上何かあったらしく同僚が弁護士さんに相談してきた、後のことです。 いつものように半径50cm以外のことをかえりみるヒマのない日々を過ごしていますので詳細何も知らない私ですが、その同僚が来て「半野良くん、今さっ…

コロナ5類化で「困ること」

コロナウイルス感染症は現在感染症法の2類相当という扱いをされています。これが何を意味するかはここ3年の政府のコロナ対策や医療機関での治療検査、また家から出られなくなるという有様を見ればわかると思います。 これを5類相当、つまり季節性インフルエ…

「みんなでコロナになろうよ」

不穏なタイトルですが、最近そんな風潮が社内で渦巻いています。何かと言うと、先日も話をしましたが、コロナ感染経験者のほうが社内で多数派になってしまい、そして非感染者も少しずつ感染していっています。 コロナ感染が広がる前までは感染したという事実…

事業主がパートに労働制限する時代が

パートさんを雇用している会社ではあるあるなのですが、年末が近づくと配偶者控除の該当になれるように(つまり年収を扶養ラインである103万円になるように)労働時間の調整をする方が出てきます。 これが近い将来、会社側から労働時間を短くするように頼んで…

快適な職場環境のために

冬なので寒くなってきたある日のこと、出勤して仕事始めてしばらくして、みんなで「おい、今日はやけに寒いじゃないか」という話になりました。エアコンは総務が管理していますので朝一からブン回しているはずですが… 見るとスイッチが入っていません。そう…

FP1級のテキストを見てめまいがした

衛生管理者の試験も終わって、まあもともと勉強グセをつけるための「肩慣らし」みたいな理由でしたのでいよいよ本番の、何かこうもう少し難しい資格にトライしてみようかと思うわけです。 そこで先日「1級ファイナンシャルプランニング技能士」のテキストを…

「今日の運勢」を信じる?

いろんな媒体にある「占い」というものですが、みなさんどうでしょう。信じたりしてますでしょうか。 信じる人は例えば朝テレビなどで「今日の運勢」を見てラッキーいい一日だとか思ったり、あまり良くないから注意しようと思ったりするのかもしれません。 …

ウイルスに蝕まれる職場

年末年始とコロナウイルスの猛威にさらされ、一人また一人と休んでいき大混乱に陥った我が部署ですが、少しずつ回復し職場復帰をして正常に近づいてきました。 誰かが休むと誰かが仕事を肩代わりしなければならないのが世の習い。コロナに感染しなかった私は…

労働組合を作っちまえ!

先日のこと、同僚に「半野良ー病休について聞きたいんだけど―」と言われました。曰くカゼで1日寝込んだ時に使えるかどうかや、定期通院の時に病休使えるかということでした。 うちの就業規則では前者は通院証明が必要(医師意見書でも薬の処方箋でもどちらで…

「退職氷河期」どう生き残る?

就職氷河期という言葉はありますが退職氷河期って何じゃい?と思う人がいるかもしれません。退職後に訪れる収入の減少の話です。 いつぞやどこかの政治家が「退職後2000万の貯蓄が必要」と言って袋叩きに遭いましたが、あれは別にそんなに間違ったことではあ…

半野良、クレーマーに感謝される

クレーマーレベルのクライアント対応シリーズになってきました。以前話した「密室でクレーマー担当にさせられた」の続きです。いろいろ対応しているうちに信頼されて感謝されてしまうようになりました。 何か特別なことをしたわけでもありません。ただ特別身…

社労士にとっての「お守り」とは

正月に初詣に行かれた方もいると思います。そこでお守りを買う人もいるでしょう。諸説ありますが、お守りの「有効期限」は1年程度と言われていて、初詣の時に古いお守りはお返しし、新しいお守りを授かるのが風習なのだそうです。私もそうしています。 で、…

車検と車の修理と士業

基本的にいろいろ自分でやろうとする性分ですが、さすがに車とパソコンは「よく分からない」ので業者さんにお願いすることになります。 今年は車検の年でしたので近くの自動車工場にお願いしたのですが、古い車ですのでやっぱりいろいろガタはきてます。今回…

石綿って何ぞ?

社労士試験勉強している人もしていない人も「石綿」とか「アスベスト」って聞いたことがあると思います。かつて建物の防火材や断熱材として使用されていたもので、どんなものかは検索すると画像が出てくると思います。現在は肺がんや中皮腫の原因になるとの…

ストレス解消になる試験勉強

以前、社労士の受験体験記を書いていた時に「そういや試験勉強がストレス解消だったな」という記事を書いたことがあります。あれが何だったのか少し考えていましたが、「なるほど」と思い当たることがありました。 この現代社会、いたるところにストレスの元…

職場がコロナで崩壊寸前

まあ突然始まったわけではなく、年末からその傾向があったのですが、職場でコロナ感染者と濃厚接触者が続発しています。常に複数が感染したり濃厚接触で休んでいますし、濃厚接触者が感染してさらに休みが伸びるという有様です。 部署内ではとうとう感染経験…