独学で社労士試験受けてみて落ちたり受かったり

半分野良ネコみたいな社労士が独学受験のあれこれや日々のよもやま話をしたりするブログです。

いよいよ社労士合格発表です

今年の受験生の方でドキドキしている人も多いことだと思います。たとえ自己採点で高得点をたたき出していたとしても、実際に自分の受験番号を確認するまではどこか安心しきれないものです。 ましてや合否ボーダーライン近辺にいる人、科目補正待ちの人に至っ…

社労士試験合格発表の注意点

社労士試験の合格発表について、2022年からの変更点を中心に注意すべき点のお話をします。 まず発表時期ですが大幅に前倒しになりました。従来11月だったのですが、今年から10月第一週(今年は5日(水))となっています。発表方法は試験オフィシャルサイト・厚…

来年の社労士試験へ走り始めた方へ

自己採点の結果、もしくは自己採点をするまでもなくあきらめたり、または何らかの事情で今年は受験できなかったりと、まだ合格発表はされていませんがもう来年の受験を考えている人もいると思います。 その大半が、この時期「まだ1年くらいある」とたかをく…

独学勉強法(110)「過去問に意味はあるのか」

社労士試験の勉強法の一つに「過去問トレーニング」というものがあります。文字通り過去出題された問題を繰り返し解いていくものですが、果たしてこれに意味があるのでしょうか。 体感ですし2回しか本試験を受けたことが無いので分析に正確さを欠くかもしれ…

大人になっても勉強と試験は続く

若いころは勉強と試験なんて子供や学生だけの話だと思ってました。大人になったら勉強や試験なんかは無くて、かわりに仕事しなきゃいけないんだ(その内容は別にして)、と。 ただ社会人になった人は分かると思うのですが、どんな仕事をしていようが勉強はずっ…

緊張感のあるスキマ時間学習

本来スキマ時間の勉強に緊張感など必要ないのですが、以前ちょっと挑戦してみたことをご紹介します。 仕事中に次の予定まで1時間の空きができてしまいました。普段であればこの隙にこなさなければいけないデスクワークや次の案件の準備をするわけですが、取…

今年の社労士試験は合格率が高い気がする

相変わらず何の根拠もない「予感」にしか過ぎませんが、そんな気がしています。 と言うのも、今年の試験をざっと見た感想からなんですが、底意地の悪い問題が科目全体を埋め尽くしているという感じはなく、どちらかと言うと「本気で勉強をしてきた層が難問奇…

社労士を狙う前に取るべき資格はある?

これから社労士試験を受けて社労士を狙ってやろう、でもその前に何か関連する資格を勉強を兼ねて取ってみよう、と思う人もいるかもしれません。 例えばどんな資格があるでしょうか。社会保険・労働保険を軽く勉強したい人はファイナンシャルプランニング技能…

全世界皆保険制度構想?

広島原爆の日に合わせて来日していたWHOのテドロス事務局長と岸田総理の間で「WHOの新組織を日本に立ち上げる」という合意がなされたと報道されました。曰く「万人が適度な負担で医療を受けられるようにする」という組織だそうです。 これ何なんだろうな、と…

合格圏内・補正待ちの人は「金を用意しろ」

自己採点の結果合格確実の人、足切り科目がなくて合格ライン上にいそうな人、合計点では合格ラインを上回っていて補正待ちの人は金を用意しましょう。 何の話かと言うと、合格発表があった後実務経験2年があり社労士登録する人は社労士会への登録料等がかか…

独学勉強法(109)「朝勉強するクセをつけよう」

このブログでは何回も「勉強時間と睡眠時間は等価」という話をしています。もちろんろくすっぽ勉強せずに寝ててもいいよという話ではなく、十分勉強し十分睡眠を取ることをおすすめしているわけです。 その上でもう一つおすすめしたいのが「朝勉強するクセを…

あきらめるな!「謎の救済」がある

一体何のことかと言うと、事前の予備校などの補正科目予想には出てもなかったのに合格発表で補正科目になっている、という現象です。どちらかというと択一式で出現することが多いようです。 補正予想の元となる予備校サイトでの自己採点をしない多数の得点分…

令和4年版厚生労働白書が公開

と言っても9/16の話ですけど、最新の厚生労働白書が公開されています。一般対策白書マニア待望の資料です。もちろんそんなマニアがいればの話ですけど。 今年の冒頭重点テーマは「社会保障の人材確保」です。2040を控え人手不足とされる(それでなくても人手…

社労士試験合格発表まで2週間

社労士試験の合格者発表まで残り2週間になりました。早いような短いような。思えば暑い暑いと思っていたのがすっかり秋めいてきましたのでそういう時期になったのかなとも思います。 今年の発表は例年に比べて約1ヶ月早いです。試験センターや連合会が悔い改…

夢見る「ダブルライセンス」

首尾よく社労士試験合格し登録した時に、他に何の資格があるといいかという「ダブルライセンスの話」は以前したことがありますが、いささかおふざけが入っていたので今回は至って真面目な話です。 もし私が「社労士の他に持ってたらいい資格ってありますか?…

就業規則にフセンがついていた

うちの事業場にある「就業規則」はあまり読む人もいないらしく大変きれいな状態が続いていたのですが、先日ふと見るとカラフルなフセンが何枚もひっついていました。 これは一体どうしたことか。ははあ、私が「就業規則は会社と言うゲームのルール」と言い続…

社労士試験、5人に一人が受験しない謎

毎年の申込者数と受験者数を見ていると、5人に一人の割合で「当日試験を受けに来ない層」がいることが分かります。申し込みをしているということは受験料を支払っているということ。そう考えると欠席率20%ってけっこう大きな割合だと思うのですが、なぜこん…

今年の社労士試験は「選択式」が命運を分ける

あくまで個人的感想ですが、今年の社労士試験の合否のカギを握るのは「選択式の出来」の如何と感じています。 まず、今年の問題を見た感じなんですが、全ての受験生を殺しに来るような難問はそれほど見当たりません。頭悩ませる問題はありましたけど、勉強し…

「施設をする」という言い方が気になる

今年の社労士試験選択式国民年金法で出題された文言の中の一文です。勉強中は何とも思わなかったのですが、今回改めて問題文で見て「こういう使い方正しいのか?」と疑問が浮かびました。 「施設」って言葉は普段「施設に入る」とか「施設がある」とかいう使…

やっぱり独学じゃ社労士試験は無理?

今年の社労士試験も独学で臨まれた人も多かったと思います。全受験者中何割が独学かはデータがないのでよく分かりませんが、少なくとも半数はいるんじゃないでしょうか。 ここでいう独学というのは「予備校や通信講座ではなく市販テキストで勉強する人」のこ…

虹がきれいな帰り道

なんかきれいなタイトルですが、「会社滅べ」レベルの一週間の終わりのことです。 かなりハードな仕事が目白押しの一週間で、特に最後の金曜日は「俺が一体何をした」と叫びたくなるような仕事ばかりでした。まあ何とかこなしきったものの、交渉事で少し強引…

やっぱり社労士試験は意地悪

以前も話をしましたが、「社労士試験って難しいんですか?」と聞かれた時に「どちらかと言うと意地が悪い試験です」と答えています。実際「いかにして受験生を叩き落とすか」に注力しているような試験ですから。 考えてみれば、世の中にはいろんな社労士受験…

合格発表までどうやって過ごすべきか

今年の社労士試験合格発表は10/5(水)です。昨年より1ヶ月近く発表が早いですのであっという間にやってきます。 自己採点でいい結果が出た人あまり芳しくなかった人、補正待ちになってしまった人や自己採点をしていない人もいろいろいると思います。ですが本…

来年の社労士試験は合格ラインが上がる?

まだ今年の試験結果や合格基準点は出ていませんが、そう予想しています。その理由は何かというと「合格発表日の前倒し」にあります。 従来、一昨年までは11月、昨年は10月下旬に設定されていた合格発表が今年は10/5とかなり早いです。これは何を意味するかと…

試験終わったからコロナになってもいいよね

結論から言うと「だめです」。私は幸いまだかかったことがないのですが、体験者に話を聞くと、やっぱり症状が出るとかなりしんどくて、手続きしたら自治体から食料が届くのですが食欲もなく元気になってから食べているような有様だそうです。 それでも入院や…

そんなに甘くない開業社労士への道

少し前の話になりますが、社労士会から「年金相談員養成研修のお知らせ」がやってきました。何かと言うと、年金相談のノウハウを学びしかる後に年金事務所で年金相談業務に従事するという、まあ行政協力の一種です。 お給金いくらくらいかなーと思って調べて…

毎年5000人以上が発表日まで眠れない

何の話かと言うと、別に私が統計を取ったわけではないですし正確な数値かと言われればどうかなと思うところもありますが、毎年これくらいの人数が「合格発表日まで合否が分からない」ということです。 どういうことかというと、まず合格基準点は上回っている…

勉強する習慣を無くさないように

社労士試験に向けてみんな必死で勉強したと思います。試験が終わった今、やれやれと骨休みしている人もいれば口を半開きにして放心状態の人もいるでしょう。それぞれ一日何時間も時間をやりくりして勉強してきたと思います。 その習慣を試験が終わった途端に…

選択社会一般常識1問目は良い問題

試験問題はざっとしか見ていませんが、今年の社労士試験の選択科目・社会一般常識の第一問目は個人的にはかなりの良問です。 どんな問題か振り返ってみましょう。 1 厚生労働省から令和 3 年 11 月に公表された「令和元年度国民医療費の概況」によると、令和…

試験が終わって一週間

社労士試験が終わってしばらく経ちますが、結果は別にして何かこう「脱力感」と言うか、心に穴が開いたような気持ちになっていないでしょうか。 考えてみれば当然のことです。勉強勉強また勉強の日々が長く続き、本試験で魂を削られた日々が終わったわけです…