独学で社労士試験受けてみて落ちたり受かったり

半分野良ネコみたいな社労士が独学受験のあれこれやよもやま話をしたりするブログです。

夢見る「社会保険労務六法」

このブログでもよく紹介をしています社会保険労務六法。試験範囲を(統計白書を除いて)網羅しているスグレモノです。多くの社労士の先生方がお持ちのことと思います。

              社会保険労務六法(令和3年版)

さらに、受験生でも買えるという素晴らしさ。お値段は9000円ほどリーズナブルな価格ですが、すばらしい性能です。今回はその「社労士のバイブル」とも言うべき社会保険労務六法のすばらしさをご紹介します。

 

<すばらしさその1・ほどよい厚みとずっしりとした重さ>

まるで本とは思えないその重さは約3.5kg、大きな赤ん坊と遜色ないでしょう。そのため「漬物石」にピッタリ。DIYが趣味の方は「ちょっとした作業台」に使ってもいいかもしれません。

また耐荷重が平積みでたぶん100kgくらいありますので、ちょっと高いところにあるものを取る時に踏み台として使っても良し、ハイキングに持参してちょっと疲れた時に座って一休み、という便利な使い方もできます。

 

<すばらしさその2・99%天然素材>

材質はほとんどが「紙」です。そのためバラバラにすれば可燃性に優れ、いざという時に燃やせます。料亭の帰りに「暗くてお靴が分からないわ」と女中さんが困ったら一枚燃やして「どうだ、明るくなったろう」と言うと、もう立派なジェントルマンの仲間入りです。

また天然素材ですのでアレルギーの心配もありません。

 

<すばらしさその3・抜群の破壊力と耐久性>

25cm×20cm×18cmというその圧巻の厚みはもはや「鈍器」。力いっぱいブンなげたら車のフロントガラスを破壊することくらいお手の物でしょう。夫婦喧嘩の際の最終兵器としても威圧感は抜群です。ただし人を狙って投げるのはいろいろ法的問題を生じかねませんのでおすすめできません。

 

<すばらしさその4・何と安眠グッズとしても最高>

4000ページに迫るというその圧巻の文章量かつ、ただ淡々と法令のみが書き連ねているという緻密な構成から、読むと間違いなくおだやかな眠気がやってきます。さらに猛反発まくらとしての機能も搭載。眠気即睡眠というダブル機能を備えたこの商品の性能は他の追随を許しません。

 

<すばらしさその5・万全のアフターサービス>

「何かあった時にサポートがないのは不便ねえ」と思うそこの奥様、この社会保険労務士六法は何と、毎年最新内容の新版を発行してくれます。しかもうれしいことにお値段そのまま。むしろ少しずつ値上げしてくれるという親切さ。毎年購入すれば法改正のたびにエンピツで訂正するなどと言う手間から解放されます。ぜひ便利なセルフ定期購入をご検討ください。

 

いかがでしょう。一家に1冊、いや2冊。社会保険労務六法。ご注文はこちらから。

              社会保険労務六法(令和3年版)

 

ちなみに、法令検索はネットでe-Gov使ったほうがいいかもしれません。

(こんな記事書いてっからどこかからにらまれるんだよ)