独学で社労士試験受けてみて落ちたり受かったり

半分野良ネコみたいな社労士が独学受験のあれこれやよもやま話をしたりするブログです。

独学勉強法(25)「勤め人はスキマ時間に何をすべきか」

またもやスキマ時間の話です。スキマ時間勉強の是非の話は以前しました。もともと私の勉強の仕方は「まとまった時間に単元単位でテキストを快速読み込み」ですので5分10分のスキマ時間は使い勝手が悪いんですよね。一問一答問題集なんかも反復利用しないし(そもそも買ってないし)。せめて30分くらいは欲しいところです。

 

なので「数字系の暗記」とかをしてましたが、実はもう一つやっていたことがあります。

 

それは「仕事」です。どちらかと言うと仕事を効率的に進める準備の何かです。スケジュールの組直しとか、ちょっとした調べものとか、その時思いついた何かをしてます。これによって昼間の仕事そのものの時間を短縮し、一刻も早く自宅に帰り、できるだけまとまった勉強時間を確保しようとしました。

 

スキマ時間をかきあつめて大きな勉強時間にするといったころでしょうか。主婦の方とかもこれができると思います。

 

勉強するならするでどかっとした長い時間集中したいものです。通勤時間なんかも(公共交通機関ご利用の方限定・クルマ乗りながらヘタに考え事してはなりません)勉強ではなく仕事の整理したほうがいい時もあります。と言うのも、勉強はできるだけ静かな集中できるところでしたいものですし、仕事は普段から周囲に人がいたりって方が多いと思います。電車の中とか仕事のこと考えてた方が割と向いてるのかもしれません。

 

もっとも何の仕事しているかにもよります。客待ちが長い仕事の方とかは勉強したほうがいいかもしれません。

 

スキマは掃いて集めて利用。特に忙しいお勤めの方などは、これも一つの活用法ではないでしょうか。一問一答やりたい人はもちろんそれも有効なスキマの使い方です。私がそういうの苦手なだけで。