独学で社労士試験受けてみて落ちたり受かったり

半分野良ネコみたいな社労士が独学受験のあれこれやよもやま話をしたりするブログです。

択一「複数選択問題」の出題はありえるか

現在、択一試験では3つの出題パターンがあります。一つは「5肢の中から正答肢を1つ選ぶ」という5肢択一問題。次は「正答肢の組み合わせを選ぶ」という組み合わせ問題。最後は「正答肢の数を選ぶ」という個数問題。現在難易度的には「個数問題」が最も高いと言われています。

 

ところが、他のマークシート型国家試験(代表的なところだと医師国家試験、社会福祉士試験等)の中には「複数選択問題」が存在します。つまり「以下の5肢のうち、正しい(誤り)ものを○個選べ」というものです。これが実は個数問題以上に難易度が高いです。

 

と言うのも、ABCDEのうち確実に正答肢を選ばないといけない、しかも「○個選べ」の「○個」がなくなるとさらに難易度が増します。1問合っていても他の回答が間違いなら問答無用でゼロ点です。

 

実は個数問題は「完全な誤答」でも正解の可能性があります。ABCDEのうちAとCが正答と思った、だから2個と答えた。実は正答はAとDなんだけど、2個という意味では同じで正解、といった具合です。

 

さて、果たして社労士試験で「複数選択問題」が採用される日が来るのでしょうか。もしあるとすれば、試験センターが事前に教えてくれます。なぜか。厳密に言えばこの出題方式は少なくとも「択一」ではない(日本語上「択2」とか「択3」とかになる)ので事前にここの文言が変わるはずだからです。

 

そう考えると「選択式・択一式」で通っている以上出しにくいのかなとは思います。

 

不自然に受験案内の文言が変わる日が来たら、複数選択問題採用のサインかもしれません。何しろマークシートの読み取りプログラムを少し変えるだけで導入可能ですから。

 

ちなみに伝え聞く話ですが、個数問題が導入された時は事前告知はなかったそうです。当時の受験生の衝撃振りやいかほどのものだったでしょうね。

 

今度ひまなときに「悪魔のような択一問題のパターン」を考えてみたいと思います。