独学で社労士試験受けてみて落ちたり受かったり

半分野良ネコみたいな社労士が独学受験のあれこれや日々のよもやま話をしたりするブログです。

社労士試験本番です。

いよいよやってきましたね。年に一度しかない大舞台です。皆さまご準備はいかがでしょうか。あとは午前80分、午後210分の間で計110か所に鉛筆でマークしてくるだけです(実際は受験番号等もマークなのでもう少し数は多い)。

 

今年はかなり異様な雰囲気の下での試験となります。消毒検温そして換気。割と試験そのものに集中しづらい状況ですが、本番が始まるとあまり気にならなかったりします。むしろそのくらいの集中が欲しいところです。

 

すでにこのブログでもいろいろ話をしてきましたが、100%万全の状態で試験に臨むことはほぼ不可能です。本番に向けては何が起こるか分かりませんが、何かが起こります。ただ、何かが起こるものだと事前に思っているのといないのとでは落ち着き具合が変わってきます。トラブルに動じず、目の前の問題用紙と解答用紙にのみ目を向けてください。

 

筆記用具等忘れ物はないですか?受験票や身分証は?水分や昼食は昼休みに確保しようとしてはいけませんが、調達方法は想定内ですか?こういう「初歩的なところ」でつまづかないようしたいものです。

 

昨日の記事でも言いました。事ここに至ってはもはや「覚悟を決める」しかありません。断じて行えば鬼神もまたこれを避ける、とも言います。結果は後からついてきますし、からしかついてきません。ですから後ろを見るのではなく、かといって先を見据えるでもなく、本番だけは目の前に集中してくださいね。

 

このブログは主は「独学だけで何とかしようとする方向け」の比率が高いのですが、勉強法の如何にかかわらず受験生の皆様が22日の夕方には「よっしゃ!終わったぜ!」と心の底から言えるよう、お祈り申し上げております。

 

では、行ってらっしゃいませ