独学で社労士試験受けてみて落ちたり受かったり

半分野良ネコみたいな社労士が独学受験のあれこれや日々のよもやま話をしたりするブログです。

独学勉強法(115)「あなたの連続勉強時間は」

人間、集中力というものには限界があります。とはいえ不思議なことに全ての行為に対する集中力というのは等しくありません。集中して勉強できる時間と、集中してゲームができる時間はまた違います。脳みそって不思議ですね

 

さて、別にゲームブログではないので勉強時間の話をしますが、あなたが集中して勉強できる時間ってどれくらいでしょうか。この限界を知ることが「無理せず勉強を続けていける」ことにつながってきます

 

私の場合は1時間くらいです。だいたい学生の授業時間と同じですね。これくらいになると休憩したくなりますので、一息入れます。人によっては30分の人もいれば2時間の人もいるでしょう。

 

平均的には成人の場合50分前後と言われています。もちろん前述のように個人差はあるでしょう。

 

で、自分の「集中の限界」をつかむことは、効率的に休憩をはさむことにつながります。集中力を欠いた状態で勉強を続けても能率は上がりません。だいたい集中が切れてきたなと思ったら脳みそが教えてくれますから、適宜休憩を入れたほうが効率が良いです。

 

どう休憩するかはもう人それぞれです。

 

試験が迫ってくるとあせって集中限界そっちのけで勉強続ける人も多いかと思いますが、自分の集中力の限界をつかんでおいて長い目で勉強を計画的に進めたほうが効率は良いと思います。

 

この「集中時間」は別に勉強でなくても仕事や趣味でも同じことが言えます。ゲームなどは楽しくて脳がトランス状態になって何時間でもぶっ続けでできる気がしますが、その実脳は疲れていますので、やっぱり休んだほうがいいのでしょう。

 

適度に脳みそを休めながら物事に取り組みましょう

 

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村