独学で社労士試験受けてみて落ちたり受かったり

半分野良ネコみたいな社労士が独学受験のあれこれやよもやま話をしたりするブログです。

社労士勉強、独学がいいか予備校がいいか

独学で何とかした私が言うのも何ですが、いちおうこの話題をしてみたいと思います。

 

これはいずれどこかで詳しく話しますが、予備校のほうが合格率が良いのは事実です。事実ですが、それは「予備校を使いつつ勉強したから」であって「予備校を使ったから」ではありません。

 

同じように、独学は合格率が低いですが合格できないわけではありません。これも同じように「独学で勉強をしたから」であって「独学だから」ではないです。

 

つまり両者の合格者の共通項は「勉強をする」にかかっています。予備校だからってチンタラ勉強していたら合格は難しいです。独学ならなおさらです。

 

独学に向く人は、今までの人生において入試や他の資格勉強で試験勉強慣れしている方です。こういう人は一人で道を切り開けますし、勉強方法だけではなくて勉強時間の確保の術も長けています。

 

予備校に向く人はその逆です。ノウハウから知りたい層です。いくら場慣れしていても初めての資格だから初歩からしっかり積み上げたい、という層です。

 

もっともそのノウハウに価格がついていますから決してお安くはありません。平気で10万超えたりします。その「大枚はたく」ということもまた一つモチベーションになるのかもしれません。

 

何回か受験する層は予備校と独学を行ったり来たりするケースがあります。予備校でノウハウ学んだから次は自分で、とか、独学はやっぱりダメだと予備校に行くとか。

 

結論を言うと、どちらが有利とか不利とかいう話ではなく、どちらも結局自分の家で勉強するのが主になりますので、それをどれだけ積み上げられるか、頭に叩き込めるかです。

 

ばっさり言ってしまえば「どちらでもいい」ということです。金があるなら10円硬貨投げて表裏で決めてもいいくらいです。

 

自分に合いそうなほうを選んだらいいと思います。独学を選んだ人は私のブログの「超非効率なドブ板勉強法」を参考になさるのもよろしいでしょう。

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村