独学で社労士試験受けてみて落ちたり受かったり

半分野良ネコみたいな社労士が独学受験のあれこれやよもやま話をしたりするブログです。

独学勉強法(68)「読むだけ勉強法エキスパート編」

私の勉強法は「ただひたすら市販テキストを読む。何度も読む。スピードを上げていく」ただこれだけです。ただこれだけのことをひたすら半年一年やっていきます。

 

そしてそれが試験前夜にどこまで達するか、と言いますと、個人差はあるんでしょうが「1000ページくらいあるテキストを1日で読破」です。1日と言っても24時間なわけではなく、長くてせいぜい8時間でしょうか。480分ですね。無駄なページもありますので1ページ30秒くらい?

 

飛ばし読みではなく全文読破でございます。無理ではないのかもしれません。できるできないは別にして、ともかくスピードを上げて回転率を上げて、まぶたを閉じればテキストが浮かぶ。そこを目指します。

 

よく画像記憶とか言いますが、半分それです。残り半分が論理的理解です。画像記憶なんてできるかよ、と思うかもしれませんが、誰でもできます。だって好きな漫画の1シーンがあるページって脳裏に浮かぶでしょう?

 

完璧に画像記憶ができるのは「特性」の域ですから人口の何%もいませんが、ある程度イメージで記憶するのは程度の差こそあれ誰でもできます。テキスト1冊頭に叩き込む。それが私の独学法です。

 

けっこう非効率です。まず理解から入りませんから。理解など3周読めばついてくる、程度です。

 

この勉強法が絶対とは思いません。たまたま私がそれをやっただけの話です。他にも良い勉強法はたくさんあると思います。ブログ左側の社労士試験関係のリンクアイコンの先にはいろんな勉強法を提示している方がいます。

 

それらを否定するものではありません。ただ、何をどうするにしても勉強は「毎日」です。これは全ての勉強法に通じる「鉄則」だと思います。

 

社労士試験の勉強にしても、次のステージを狙うにしても、それだけは心にとめておいた方がよいです。

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村