独学で社労士試験受けてみて落ちたり受かったり

半分野良ネコみたいな社労士が独学受験のあれこれや日々のよもやま話をしたりするブログです。

年末ジャンボ宝くじで開業資金!

…などという考えを持っている人は一生開業できそうにありません

 

それはさておき、年末ジャンボ宝くじ絶賛発売中です。私はサマージャンボと年末ジャンボは宝くじを買うことにしていますが、過去最大の当選金額が10万円でしたので通算では赤字と言えるでしょう。1等当選確率を考えたら車にはねられる確率のほうがはるかに高いわけで絶望的な数字ですが、夢を追うのも悪いことではないと言い聞かせています。

 

ところで、一年の間にジャンボの名を冠する一等が億を超える宝くじは何回も発売され、販売量に比例しますが一等当選者は一回数十人に上ります。さらにロト6、ロト7などの億超えを狙える数字選択式宝くじが毎週1-2回。考えると一年間に日本で百をもって数える「億万長者」が発生しているはずですが、近くでそんな噂を聞かない(もっとも当選者は当選の事実をひた隠しにするものですが)です。

 

さて表題の話ですが、仮に私に年末ジャンボが当たった暁には社労士として開業に踏み切るのでしょうか。開業資金としては箱(事務所候補の家・部屋)はありますので100万もあれば十分です。

 

さりとて100万だといまいち踏み切る勇気がありません。貯金しそうです

 

ならば10億ならどうか。迷わず開業します。しますが、社労士の仕事はしなさそうです。世間体的に無職の称号を回避するなんちゃって開業ってやつですね。だって仕事しなくても食えていけそうですから。

 

2等1000万ならどうか。悩むところですがこのレベルだと開業してまじめに社労士業務やりそうです。

 

一番気楽なのは前後賞1億5000万あたりでしょうかね。

 

たった10枚でここまで夢見ても仕方ないのですが、とりあえず有馬記念と合わせて年末のささやかな楽しみです。

 

余談ですが、5等1万円が当たる確率が0.1%、6等の3000円が当たる確率が1%、7等の300円が当たる確率が10%です。今年の社労士試験合格率が7.9%、全人口における社労士の割合が0.037%です。だから何だって話ですけどね。

 

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村