独学で社労士試験受けてみて落ちたり受かったり

半分野良ネコみたいな社労士が独学受験のあれこれやよもやま話をしたりするブログです。

闇に隠れて生きる社労士

取引先とか出先で「何かこいつやけに社会保険とかに詳しいぞ」という噂がちらほらしているようです。あくまで企業内勤務社労士なので対外的には社労士であることは伏せていますが、よもやま話の中でちょろちょろ話をしているうちにそんなことになっているみたいです。

 

いちおう個別具体事例に触れ始めると面倒なことになりそうなので「一般常識」の範囲内で答えるようにはしています。もともとそんなこと解説する仕事じゃないですしね。何で詳しいのか聞かれても「紳士のたしなみです」程度の答えでお茶を濁しています。

 

20分1000円くらいの相談料くらいもらってもバチ当たらない気もしますが、バチが当たるのでやめてます。

 

もっとも雑学もたしなんでいます(芸能文化音楽除く)のでその延長線ととらえられてはいるみたいですが。

 

よくある質問は「退職後の雇用保険」とか「年金」とかですね。年配の方はやはり気になるようです。で、テーマは「どうしたら一番得か」なわけです。

 

いつかも言いましたが、個人的信条として「保険に損得を持ち込むな」がありますのでそれを前面に出します。高い金出して車両保険かけてるからって新車をいきなり壁にぶち当てるバカがどこにいますか?というようなことをオブラートに包んでお伝えします。

 

社労士勉強で得た労働社会保険諸法令の知識をほとんど「茶飲み話」「よもやま話」で費やしている社労士ってどれくらいいるんでしょうね。その他登録の人は多いのかな。

 

あなたの話している相手は社労士さんですよ、と言いたくもなりますが、まああくまで「隠密社労士」ですので。

 

ちなみに職場の中でもこんな感じです。資格取得知っている人10人くらいですから。