独学で社労士試験受けてみて落ちたり受かったり

半分野良ネコみたいな社労士が独学受験のあれこれや日々のよもやま話をしたりするブログです。

夢見る「衛生管理者」

何年か前の話になりますが、私は職場内のゴミを率先して捨てに行き、掃除をし、切れかけた蛍光灯を先んじて換えていました。特に上から指示されたりされたわけではなく(もっともゴミ捨てついでにタバコ吸いに行ってましたが)自主的に、です。

 

これだけ聞くと「気の利く社員だな」と思うかもしれません。ですが、実はこの行動には裏があります

 

衛生管理者試験の受験資格を得るためです。

 

労働安全衛生法を勉強していると分かりますが、衛生管理者は常時使用労働者50人以上の事業場に必置の資格です。そしてその試験内容は社労士試験とも重なる部分があり(特に労働安全衛生法規)、社労士資格とも親和性の高い資格です。

 

ただ受験資格があります。細かくはいちいち説明しません(ただし受験生は調べて頭に入れておいてください。試験に出かねません)が、担当職務として労働安全衛生業務をしているわけでもない私としては、社内の労働安全衛生環境に関する業務をする必要があります。ですのでゴミ捨て掃除に勤しんでいた(これ実務経験になります)わけですね。

 

そんなこととは知らない上の方や同僚からはお褒めの言葉をいただいたり、それが1年も過ぎる頃にはさすがに「半野良だけにやらせるのは酷だ」という話になって現在持ち回り制になっています。実務経験期間クリアしたから私としてはもう十分ですが。

 

と言うことで誰も気づくことなく衛生管理者受験資格を得ているわけで、試験受けてやろうと虎視眈々と狙っています。

 

「いかにして受験生を落とすか」を考えている社労士試験と違って「いかにして合格させるか」という資格ですので難易度は比較的ゆるめですが、そうはいっても勉強しないと受からないので今勉強しています。

 

受験資格がないよーと思っている人は、勤め先の掃除や整理整頓を率先してやるようにしましょう。上の方の目に留まるように

 

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村