独学で社労士試験受けてみて落ちたり受かったり

半分野良ネコみたいな社労士が独学受験のあれこれやよもやま話をしたりするブログです。

本試験の心得(7)「科目毎の時間配分」

試験時の時間配分をどう考えるかを少し考えてみましょう。

 

選択試験は8科目40問で80分、択一試験は7科目70問で210分です。単純に科目数で割ると選択は1科目10分、択一は1科目30分です。ただし、トイレタイムやマークチェックを考えると選択で10分、択一で15分は余裕が欲しいところです。

 

そこから逆算しますと、選択は1科目9分くらい、択一は1科目27分くらいといったところでしょうか。

 

これを短いと考えるか長いと考えるかです。選択も択一も1問に5分も6分もかけられません。選択は20の肢を探すのにも数秒ロスがありますし、択一は3分弱で1問解かないと間に合いません。これは問題の難易度や文量にもよるので(例えば択一の長文問題で答えがEの場合一番時間がかかる)一問何分という話はできません。

 

そこで目安にするのは、おおむね試験時間マイナス10分を「4」で割り「2科目通過チェックポイント」にしてしまうことです。

 

実例で行きます。

選択試験は80分ですのでチェック時間除いて70分とします。8科目ですので1科目8分45秒です。2科目で17分30秒です。端数をのけて17分としましょう。

試験開始は10時30分です。すると労基・労災が終わるのは10:47です。雇用・労一は11:04、社一・健保は11:21、厚年・国年は11:38です。残り12分。

 

択一試験は210分ですのでチェック時間除いて195分とします。7科目ですので1科目27分50秒、2科目で端数をのけて55分としましょう。

試験開始は13時20分です。すると労基・労災が終わるのは14:15、雇用・一般が終わるのが15:10、健保・国年が16:05、厚年は半分ですので16:32となります。残り18分。

 

もっとも気にしすぎると時計が気になりますし、機械的にそんなにうまくはいきません。難問奇問が出ると自然手が止まります。ただ一つの目安として頭の片隅に入れておくと管理しやすいです。

 

ちなみに「そんなに何時何分なんて覚えらんねぇわ」という方は、1科目毎の時間配分(選択8分択一27分)を覚えておいて、実際どれだけかかっているかだけ考えて、早く進んでいるか遅いか。そこで調整してみましょう。