独学で社労士試験受けてみて落ちたり受かったり

半分野良ネコみたいな社労士が独学受験のあれこれや日々のよもやま話をしたりするブログです。

社労士体験記外伝(20)「コーヒーで脳を強制覚醒」

これ別に本試験だからというわけではなく普段の私の行動パターンでもあります。

 

どちらかというと紅茶党(砂糖ミルク入れません)な私ですが、平日仕事の日はともかくコーヒー党(ブラック)です。朝1杯、たばこ休憩で1杯、昼1杯、たばこ休憩で1杯、と最低4杯は飲みます。

 

コーヒーには覚醒作用と興奮作用があり、これくらいドーピング効かせておかないと仕事やる気が出ないというのと眠たくなるからということもありますが、ともかくコーヒーを飲みます。

 

これに輪をかけたのが本試験当日でした。もともと寝不足で試験に挑んだということもありますが、試験日に飲んだ缶コーヒーの本数は8本。いつもの倍ですね。しかも試験中は飲めませんから、昼休憩終了までにこれだけ飲んでいた計算になります。

 

おかげで試験中はかなりの集中力が保てた「気がします」。効果は個人差がありますので人におすすめはしません。あくまで「私は」の世界です。

 

ただし、コーヒーには副作用もあります。利尿効果です。ただトイレは別に行きたければ(トイレタイム中は)何回でも行けますし、それより寝不足から来る集中力低下のほうがやばいと思ったのでそれほど気にはしませんでした。

 

今にして思えば「ほぼドーピング」の世界です。初挑戦の時はさらに「眠眠打破」という、かなり濃いカフェインドリンクも朝一発目にキメていたような。

 

ちなみに勉強中と試験終了後はコーヒー一滴も飲んでいません。勉強中は「夜眠れなくなるから」。試験終了後は「真っ先にビール買って飲んでいたから」です。2回目の試験の時は昼間これほどカフェインを取っていたにもかかわらず、帰りの電車の中でビール飲んで疲れで眠って乗換駅を寝過ごすと言う有様でした。

 

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村